日別アーカイブ: 2019年4月5日

ブライアン・ルイス ミュージックキャンプ 2019

 今年も4月1日~3日の3日間に渡り兵庫県淡路島にてブライアン・ルイス先生をお呼びしてミュージックキャンプが行われました。*ブライアン・ルイス先生の経歴は過去記事(こちら)を。

 4月ということもありポカポカ陽気かと思いきやまだまだ寒さが残っており、淡路島の桜も3分咲きほど、吹く風も冷たく厚着を用意しておいてよかったと思いました。

 さてキャンプ初日、今年は南は九州~北は関東、初歩から研究科卒業以上の総勢80名の生徒が集まり賑やかに始まりました。ブライアン先生は時差の関係で少しお疲れの様子もありましたがレッスンが始まるといつもの元気な楽しい姿に変わり、今年もキャンプが始まったな~と感慨深かったです。

 ブライアンキャンプのすごいところはたった3日間という短い期間で子供たちの演奏がみるみる変わることです。ブライアン先生は幼少のころ母に連れられて幾度かアメリカから松本に訪れ鈴木先生のレッスンを受けたそうです。その時の鈴木先生の人柄や雰囲気を肌で感じ、それを今の子供たちにブライアン先生を通して伝えてくださっています。多くの日本の先生がブライアン先生から鈴木先生を感じるというのはこの影響があったからだと思います。もちろんそこには人種の違いと文化の違いはあり微妙に伝えるニュアンスが違いますが、本質は同じです。

 全体の合奏ではきらきら星しか弾けない子から上級生まで一緒にレッスンを受けますが、上級生の曲で基本となるリズムや運休はきらきら星に変換して小さな生徒も一緒にレッスンを受けられるよう工夫しています。まだ1巻の生徒も上級生の演奏を間近で聴くことでいずれ弾けるようになるという想像ができ、そして何度も生演奏をきくことで曲を覚えることができます。

 合奏の後は曲目別(レベル別)レッスンで各部屋に分かれて講師の先生方からもっと綿密なレッスンを受けます。レベルが近い子供たち同士お互いの演奏を聴きあい、そして細やかな内容で課題曲の一曲一曲を丁寧に仕上げていきます。

 そんな音楽漬けの3日間もあっという間に終わり、最後は成果発表会、キャンプで学んだ内容をコンサート形式で発表します。緊張もありますが皆学んだ内容を発表し、演奏し終わった後の全体写真撮影の時の晴れ晴れした顔が印象的でした。

 さて、3日間皆で同じ屋根の下同じ釜の飯を食う者、気の合う者同士仲良くなり必然的に友達となります。その中でも大きい子が小さい子の面倒を見たりスズキならではの一つの大家族のような光景が見られました。小学生高学年以上の生徒は親同伴でなくてもよいので、この期間親元離れて自立した生活を行うことにより、ひとつ大切な経験ができたと思います。

 来年も日時は未定ですが開催されることに決まりました。上記のような経験は普段ではなかなか得られない経験です。興味が出た方、次回は行こうと思っている方、まだ迷っている方、ぜひ参加してみてください。
 余談ですが、素敵なロケーションの温泉とおいしい朝ごはんも待っています!

海を見ながら…誰でしょう?
淡路島名産玉ねぎ畑