カテゴリー別アーカイブ: コンサート案内

大府歴史民俗資料館ロビーコンサート報告

スズキ・メソード出身の世界的ヴァイオリニスト:竹澤恭子さん出身の地でもある大府市の大府歴史民俗資料館にて、平成29年9月 30日(土)~平成30年1月21日(日)に開催される特別展「鈴木政吉が住んだ町~幻となったヴァイオリンの里」に先だって、スズキ・メソード東海地区のヴァイオリン&チェロの生徒たちによるロビーコンサートが行われました。

当日大勢のお客さまで賑わい、演奏する生徒たちにじっと見入り1曲ごとに大きな拍手を送ってくださいました。

曲も各科の斉奏曲やアンサンブル、最後はヴァイオリンとチェロの合奏でキラキラ星など、なじみの曲も演奏しました。

お越しいただいた方から「あんな小さな子でも楽器が弾けるんですね!」「皆きれいな音で一生懸命弾いている姿に感動しました!」と感想をいただきました。

大府歴史民俗資料館の方からこのような機会をいただき、ご来場いただいた方々に、リズム生~上級生まで皆で育つ・育ちあうスズキ・メソードの環境を知っていただくことができました。

 次回は7月16日(日)お昼に同じ場所で開催です。

出演♫

ヴァイオリン:青木クラス、伊藤クラス、大野クラス チェロ:廣岡クラス

の生徒のみなさん。先生方、生徒のみなさん、ありがとうございました!

 

 

 

毎年恒例 徳行事演奏会

昨日4月16日、少し汗ばむぐらいの初夏の陽気のもと、一宮市起(おこし)にある徳行事の報恩講にてヴァイオリンの演奏会が行われました。

今年で3回目になる徳行事報恩講は毎年子供たちのために行われる内容で、まずは皆で浄土真宗のお経を背筋をまっすぐに読み日頃の感謝を讃えます。つづいてヴァイオリンの演奏に移り、バッハのドッペルコンチェルトやユーモレスク、メヌエットなど耳なじみのある曲を中心に演奏し、聴きに来てくださった方々の拍手をいただきました。続いて若手の住職さんたちによるイベント、絵本の読み聞かせや腹話術や人形劇を鑑賞しお菓子をもらって解散しました。

昨今テレビゲームやアニメがある中、ひとつひとつ手作りのアナログな上記の出し物はつまらないかと言うとそれはすごく間違いで、とても心に響く思いのこもった内容で子供のみならず大人も十分に楽しめました。

人形劇は毎年仏教にちなんだお話を物語にして面白くわかりやすく上映してくださり、今年は「いただきます」と言う題で命をいただくことについて触れた内容でした。普段当たり前のように食事をする中にある「いのち」に目を向け、それらによって自身が生かされていることを子供たちはきっと感じたでしょう。

このような暖かさに触れる機会がだんだん少なくなる昨今に上記のような機会に子供たちが触れることはとても良い経験になると思います。即物的な考えももちろん大事ですが、その根底にある人間の想いのこもった「愛」について触れられる今回のような催しごとは本当に大切だなと感じました。また来年が楽しみです!

*クラス会員の皆様、会員ページにて当日の写真をアップしてあります。

Brian Lewis Music Camp in Awaji 2017

4月3~5日にかけて、淡路島にて”ブライアン・ルイス ミュージックキャンプ イン 淡路”が開催されました。

連日天気にも恵まれ、また最高のロケーションにてブライアン先生を中心にレッスンを受ける音楽三昧の3日間を過ごすことができました。指導者も各地区より数名参加し、各自クラス別に指導を行いました。

ブライアン先生は「子供たちに愛情を注ぐ太陽のような存在」だと思います。グループレッスンが始まりブライアン先生が音を出すと皆イキイキと全身をいっぱいに使って演奏します。まだヴァイオリンを持ち始めた初歩の子から上級生まで一緒にレッスンを受けますが、だれも飽きず最後まで楽しく集中してレッスンを受けています。まさにブライアンマジックです。また、指導者も一緒にレッスンを受けますが、我々も本当に楽しくて童心に戻ったような気がしました。

続くクラス別レッスンでは各指導者がクラス別に分かれ、それぞれのクラスの課題曲をレッスンします。ブライアン先生は上級生クラスで、難しい曲を丁寧にそしてアカデミックに指導されていました。また故ドロシー・ディレイ先生のレッスンの思い出をお話しくださり、音楽への向き合い方やヴァイオリンを弾くことはどういうことなのかを伝えてくださいました。

初日と3日目の午前中までこのようなレッスンが続き、最終日の午後、お別れコンサートが行われます。その模様の動画を少しですがアップしました。以下からご覧ください。

お別れコンサート映像

 

演奏後名残惜しくもお別れの時間になり、皆先生を取り囲んでのサイン会。長蛇の列で皆の教本やケースに先生のサインをもらって一言コメントをもらって…今回参加できた生徒たちは素敵な思い出ができましたね。

ブライアン先生は、子供のころ日本の松本に来て鈴木先生のレッスンを受けた際の感動を子供たちに伝えたいと話していました。過去の鈴木先生の子供たちへのレッスン映像にも子供たちが本当に楽しくイキイキと演奏していました。日本発祥のスズキ・メソードが海外にも広まり、海外の先生が鈴木先生のレッスンを受けた経験をもとに日本の生徒をレッスンしている…まさにスズキはグローバルです。次回機会があれば皆さんもぜひ参加して体験してみてください!

最後に、神戸の船井先生はじめスタッフのお母様方には大変お世話になりました。準備も含めこのキャンプを企画してくださり関わってくださった皆さまに感謝申し上げます。

☆ブライアン・ルイス先生プロフィール (スズキ・メソード世界大会より抜粋)

4歳の時にエレノア・アレンの生徒としてヴァイオリンを習い始め、母アリス・ジョイ・ルイスの指示でオタワ・スズキ弦楽プログラムに参加。後に、チベリウス・クラウスナーのもとで学ぶ。2度にわたり日本を訪れ、松本の才能教育研究会で鈴木鎮一先生に師事した。ジュリアード音楽院ではドロシー・ディレイ、川崎雅夫、ヒョー・カンに師事し、音楽の学士号と修士号を取得した。
 若手芸術家の育成に献身的に関わり、世代を代表するヴァイオリン指導者として、いち早く世に知られることになった。自身がヴァイオリン科教授を務めるテキサス大学では、弦楽と教育法のデビッド・アンド・メアリー・ウィントン・グリーン講座を担当。また、ニューヨークのジュリアード音楽院におけるヴァイオリン研究のスターリング=ディレイ・シンポジウム芸術監督、ヒューストンのリバーオークス室内合奏団コンサートマスター、カンザス州のブライアン・ルイス・ヤングアーティストプログラムの芸術監督を務める。テキサス・ピアノ四重奏団の創立メンバーであり、バトラー音楽学校のスターリング優秀ヴァイオリニストシリーズの芸術監督も務める。現イェール音楽学校客員教授。

高校3年生と大学生によるコンサート & 西名古屋支部スプリングコンサート 報告

昭和文化小劇場にて

4月1日に「高校3年生と大学生によるコンサート」が行われました。

当日会場はいっぱいのお客さんで満席、生徒たちも思いのこもった渾身の演奏を、またお客さんも生徒たちの演奏に大きな拍手で応えていました。幼少からスズキ・メソードで学び育ち、仲間たちとともに楽しい思い出や一緒に頑張った思い出とともに成長し、そしてこのコンサートを最後に巣立っていく…。このような機会に立ち会える指導者もまた思いがあふれるとても素晴らしいコンサートでした。

このコンサートは生徒たち自身の巣立ちの演奏会ですが、本当はそこまで育てあげたご両親に向けての精一杯の演奏のプレゼントの機会でもあります。ご両親はきっと色々な思いでこのコンサートを聴いていたと思います。

スズキの本質は毎日お稽古するという繰り返しの積み重ねで能力を育てるというシンプルなものです。しかしシンプルゆえとても奥が深く、ただやり続けるだけでもだめ、より良いものをより良い方法で繰り返すという厳しさがあります。そのより良く繰り返すという中に育つ能力は相当高いところまで育ち、それがヴァイオリンにおける能力であっても、ほかのことに通用する能力として育ちます。「一つのことをより良くより高くしていく」という基本に常に立ち返ることは日々反省の連続でもありますが、今回出演した生徒はそれを目指して成長してきました。

これから自身の次の目標に向かって巣立っていく姿を楽しみに、今回のコンサートを見届けました。

 

4月2日に「西名古屋支部スプリングコンサート」が同会場で行われました。

スズキ・メソードには卒業制度と言うものがあります。それは各教本(1~10巻)の中の指定曲を録音しそれを検定委員に聴いていただき、コメントと評価と卒業証書を受け取るというものです。生徒の意欲づくりであるとともに、スズキの「能力を育てる」という重要なものでもあります。その録音した曲を今回のスプリングコンサートで皆の前でお披露目し(曲のグループごとに)、その発表した曲の卒業証書を一人ずつ授与します。

またこのコンサートはスズキ・メソードに入りたてのリズムの生徒から、上記の高校3年生&大学生のような巣立っていく上級生も卒業曲があれば皆演奏します。下の子は上級生を見ていずれあのように弾けるようになるという目標をじかに見ることができるコンサートでもあります。

最初はリズムでまだ演奏がおぼつかない生徒も、各年ごとに卒業曲を演奏しだんだんと上級生に成長する姿はご両親にとっても指導者にとっても嬉しい瞬間です。私も昔はこのように演奏していた…はず(記憶にございません)

また、生徒たちによる弦楽伴奏で演奏する曲もあり、卒業曲を録音しなかった生徒たちも一緒に参加します。最後には全員合奏(リズムも上級生も)で演奏します。

また来年、次の卒業曲を演奏する姿を楽しみに日々のお稽古に励んでほしいと思います。

↑ はやく上級生のように弾きたいな!

フィナーレはチェロもフルートも一緒に全員合奏で「きらきら星変奏曲」を演奏!

 

コンサート案内②  +会員情報

4/1(土) スズキ・メソードで育った高校3年生・大学生による コンサート

 

昭和文化小劇場 13:30開場 14:00開演

高校3年生・大学生と言う節目の時期を迎え、幼少からスズキで育ち多くの仲間たちやそれを見守る大人たち囲まれて成長してきた姿をお披露目いたします。彼らの未来を願って送り出したいと思います。

 

4/2(日)西名古屋支部 卒業記念コンサート

昭和文化小劇場 12:30開場 13:00開演

スズキ・メソードでは「卒業制度」と言うものを設けており、教本(1~10巻)のなかから決められた曲を録音し、提出して次のステップに臨むという子供たちの能力づくり・意欲づくりのシステムがあります。卒業記念コンサートではその録音した曲をグループで演奏します。上記の高校3年生・大学生たちもこのステップを経てここまで上達しました。下はリズム(2~3歳)から上は大人まで、スズキで学ぶ生徒たちによる生徒たちのための演奏会です。曲目には生徒たち自身の演奏による弦楽伴奏の卒業曲も演奏します。どうぞこの機会にスズキの世界を覗いてみてください。

昭和文化小劇場リンク

 

*会員の皆さま

クラス合奏や卒業式関連の情報を更新しました

コンサート案内①

3/25(日) バイロイト祝祭ヴァイオリンカルテット 宗次ホール 18:00開演

世界でも珍しいヴァイオリン4本による演奏会です。曲も歌曲だったり耳なじみのあるテーマを用いた曲だったり…なんといってもこのカルテットの魅力は“音”です。4人で演奏しているのにオーケストラがいるかのような迫力と、それぞれの音色が美しいハーモニーとなってホールに響き渡ります。個人的に大好きな演奏者たちです。なかなかコンサートは敷居が高い、難しい曲が多いと思われている方でも楽しめるはずです。

今回の来日が最後になるといわれています。高齢ですので…。このチャンスにぜひどうぞ。

コンサートは18:00開演ですが、ハーフチケットと言う後半のみの券もあります。また、スズキ関連の方は1割引きになりますのでチケット購入の際申し出てください。

第4ヴァイオリンの眞峯さんはスズキメソード創始者:鈴木鎮一先生の愛弟子です。

また、3/24(土)に上記メンバーのマスタークラスが行われます。申し込みは終了しておりますが、見学は可能なので詳しくは私までお問い合わせください。

3.25バイロイトチラシ 3.25バイロイトチラシ裏 ←チラシです

スズキ・メソード70周年コンサートin桑名(スズキ・メソード三重支部主催)

1月29日、桑名市民会館にて「子供たちに音楽の贈り物を」と題してスズキ・メソード三重支部による、スズキメソード創立70周年記念コンサートが行われました。

ゲストソリストにスズキ出身の大谷康子さんの演奏、現スズキ・メソード会長の早野龍五氏の対談と、三重支部の生徒たちの演奏で盛会に終了しました。

大谷さんはスズキ・メソードができた当初の生徒で、幼少のころ第一回アメリカ演奏ツアー「テン・チルドレン」のメンバーに選ばれアメリカ各都市で演奏旅行を経験したのち、プロのヴァイオリン奏者となり現在でも活躍されているとてもキュートでチャーミングで素敵な方です。

早野さんもスズキ出身で同じく「テン・チルドレン」のメンバーとして活躍後、物理の世界に入り現在では半年を海外で過ごすほど世界的活躍をされている物理学者兼スズキ・メソード会長です。

お二人とも幼少のころにスズキ・メソード創始者の鈴木鎮一氏に師事し、幼児の能力開発の実験台(良い意味での)先駆けとなった方々です。ただヴァイオリン奏者として育てるのではなく、ヴァイオリンを通して人間教育をしていく鈴木先生の理念をそのまま受け、その後の自身の活躍の場でもスズキ・メソードで育ったことが基盤となっていると、このコンサートでの対談で仰っていました。

実際お二人にお会いして僭越ながらお話を伺うと、その人間的魅力と世界的視野のおおらかさと豊かさ、そしてどの方にも愛情と敬意を持って接してくださる方々です。

私は鈴木先生に直接お会いしたこともお話ししたこともありませんが、鈴木先生のもとで育った方々を通して鈴木先生の人間像と魅力を感じることができとても幸せです。

人間の最大の幸福はお互いの幸福を喜び願うことだと以前鈴木先生の著書(おぼろげですが)で読んだ記憶があります。そのためには幼少のころの環境、すなわち子供たちが育つ環境をそのような環境にしていくことが我々大人たちのすべきことであり責任であると私は受け取りました。

まだまだ至らないことも多々あれど、自分の能力を精一杯使って、子供たちの幸福を背負う責任と、また自身の能力を高めて世界に貢献していけるよう精進していきたいと思いました。

最後に、今回演奏のお手伝いとしてヴィヴァルディ四季のヴィオラトップを担当させていただきました。大谷さんとの音楽のコミュニケーションを通して大谷さんの魅力と音楽の崇高さを実感しました。子供たちにとっても忘れられない貴重な体験となったことでしょう。お声かけくださったスズキ・メソード三重支部の末廣先生に感謝と敬意をお伝えします。

スズキのホームページ「マンスリースズキ」に記事が掲載されています。

こちらのリンク「マンスリースズキ2月号」からご覧ください。

 

コンサート案内&クラス合奏など

12月25日一宮駅ビルシビックホールにてスズキの生徒によるアンサンブルコンサートが行われます。

駅から直接会場に迎えますので公共交通機関でのお越しをお勧めします。

当日、楽器を持参いただければヴァイオリン教本1~2巻の曲を一緒に演奏できます。

 

2017年1月29日に桑名市市民会館にて上記コンサートが行われます。

スズキ出身のお二人、ヴァイオリニストの大谷康子さんと現スズキ・メソード会長の早野龍吾さんをお招きして、演奏と対談を予定しております。

早野会長は物理学者として世界的に活躍されている傍ら、現在もOBとしてスズキの生徒と一緒に合奏に参加されています。

詳しくはチラシ裏面の電話番号にお問い合わせください。

 

*伊藤クラスの皆さま

クラス合奏会や卒業式関連の練習日程を更新しました。ご確認ください。

コンサート案内

img_0004 img_0005

アンサンブル“もくりん”コンサート

12月25日 一宮市シビックホール 一宮駅 i ビル

12:30開場 13:00開演 入場無料

スズキメソード東海地区の有志の先生方の生徒によるアンサンブルコンサートです。

小学生から高校生まで幅広い年代の生徒たちが、皆で一つの音楽を作り上げ演奏します。

後半は一緒に演奏できるそうですので、楽器を持参ください。

合奏曲は、バッハドッペルコンチェルト1楽章、ようせいの踊り、アレグロ、クリスマスの歌、こぎつね、フランス民謡、キラキラ星です。

一宮駅の真上のビルにシビックホールはあります。駅周辺には駐車場がありますが電車(JR、名鉄)でお越しの方が便利です。

どうぞ皆様お誘い合わせの上お越しください。