カテゴリー別アーカイブ: 関連著書

11月 西名古屋支部会にて

11月25日にスズキ・メソード東海地区 西名古屋支部会が行われました。

諸連絡の後の梅村先生による勉強会の内容をお知らせいたします。

鈴木鎮一著 「愛に生きる」より抜粋

img_0002 img_0001

鈴木先生がドイツに留学されていた時のお話です。アインシュタイン博士のお人柄と人格の高さをうかがい知ることができる部分です。

スズキ・メソード創始者の鈴木鎮一先生はこのような素晴らしい方々に巡り合い、のちのスズキ・メソードを作るきっかけとなったと言っても過言ではないと思います。

この時の鈴木先生は20代、8年間をドイツで留学されたのち日本に戻り、鈴木先生の兄弟とカルテットを組み日本各地で演奏されました。ドイツでのヴァイオリンの師であるカール・クリングラーの影響を色濃く残すその演奏は今でもCDで聴くことができます。

ほかにも「愛に生きる」の中には素晴らしい話がたくさん出てきます。ご興味のある方は是非ご一読ください。

 

それと・・・

こちらも紹介いたします。

支部で発行している「名古屋支部便り」の紹介です。掲載は表紙のみです。

img_0003

鈴木鎮一先生が作られたバイオリン指導曲集の最初はイ長調から始まり(1番線と2番線で弾ける曲)、ト長調の曲が多く入っている理由をここで述べておられます。参考になさってください。

支部便りは上記の鈴木先生の文章のほかに行事や指導者や生徒たちのコメント、クラスコンサートの紹介などなどの情報を掲載しております。会員のみ閲覧可能ですがご興味のあるかたは以下のページの連絡先よりお尋ねください。

スズキ・メソード 東海地区

 

<伊藤クラス会員の皆様>

高橋先生のグループレッスンでの語録は会員ページ「支部会 研究会資料~」に掲載してあります。

テレビ放映

先日、鈴木鎮一先生の父で鈴木バイオリン製造株式会社創始者の鈴木政吉の
生涯をたどるテレビドラマが下記の予定で放送されました。

個人的に江戸が終わり明治に入り、今でこそ老舗と言えるメーカーのそれぞれ創始者の想い、戦前の人々のエネルギーを感じたとても興味深い内容でした。

ただ1時間という番組の時間制約の中、もっと伝えたい部分も多かっただろうと思いました。

そちらは著書をご覧いただくとして、それにちなんだと言ってはあれですが、会員ページに鈴木政吉のご子息のカルテットについて掲載いたしました。

こちらの演奏CDはスズキ・メソード本部事務局にて再版されております。

IMG_0001

日本のクラシック音楽の先駆けともいえる演奏をお聴きいただければと思います。

《番組名》
「日本のヴァイオリン王
~名古屋が生んだ世界のマエストロ鈴木政吉物語~」

《放映日時》
2月14日(日)
16:05~17:20
フジテレビ系列

著書も発売されております。

41tgaBKNSHL

鈴木鎮一著書の「愛に生きる」に出てくるお父様がこの方です。

スズキ・メソードの歴史の原点より前のお話を伺える内容です。

 

恵那楽器

20151120恵那楽器記事

この間とある方から恵那楽器の記事を見せていただきました。

鈴木先生の著書「愛に生きる」では戦時中に木曽福島の工場に疎開されていたことは記述されていますが、恵那楽器のことは出てこないので存じていませんでした。一度見学にお伺いしてみたいです。

絵本「バイオリンの村」のモデルになったのですね。一度拝読したことがあり購入を検討したのですが絶版で手に入らず…そんなこんなで探してみたら朗読をされている方のブログを発見しました。

日本にバイオリンが広まり始めた20世紀初頭あたりから百数十年、今に至るまでの過程を想像すると何とも言えないロマンとそこに携わった人々の熱い思いが伝わるような気がします。

 

 

 

「愛に生きる」著書の紹介

鈴木鎮一先生著書「愛に生きる」

IMG_0001 右が新版

スズキ・メソードの内容がギュッと凝縮された一冊です。ヴァイオリンを通して人間教育をしていくスズキ・メソードは、子供のみならず親も一緒に学んでゆくことができます。

先日グループレッスンの最後に、皆で愛に生きるを読む機会を設けました。読み方は順を追って読んでいくのではなく、ぱっと開いたページの文章を読んでいく方法をとりました。というのも私の読んだ経験で、この本はどこから読み始めてもその伝えたい内容が一貫していて、そのページから今の自分に得られる内容がきっとあるからです。

私も日頃の悩みを抱えていた時に、ぱっと手に取って開いたページを読み進めていくうちに霧が晴れるような感覚を何度か体験しました。ほかの方もそのような感想を話していました。

「まえがき」「はじめに」と「あとがき」に書かれている鈴木先生の思いはきっと皆様に共感していただけると思います。

なんだか宣伝になっていしまっていますが、鈴木先生がこの著書を世に出して50年近くになります。スズキ・メソードを通して提唱していることの結果が現代の脳科学等で立証されています。いまさらながら(指導者の自分が)スズキの先見性とその事実に驚き感動しています。

ただ、自分が理解できた分しかわからない、伝えられない、といった事実も現実です。何度も読み返して触れて実践して…繰り返しのお稽古ですね。