日別アーカイブ: 10/24/2016

東濃支部合奏会報告

10月23日、暖かい日差しの下、多治見 セラミックパークMINOにて東濃支部主催の合奏会が行われました。

img_20351 img_20381 img_20391

講師にフルート科元教授の高橋利夫先生をお招きして、子供たちにグループレッスンしていただきました。

大家の演奏を聴き、その中の音楽表現を教本を使ってレッスンしていただきました。

高橋先生の言われる大家とは、ヴァイオリンでは鈴木先生はじめクライスラーやティボー、チェロではカザルス、フルニエ、フルートはモイーズ、ピアノはコルトー、ヴィオラはプリムローズとそうそうたる巨匠が名を連ねます。

音楽表現をまず考えるときに先生は「音楽的」リズム、拍子、強弱を特に指導されます。「音楽的」と言う部分が大家の演奏家たちのセンスが光るところです。そこを子供たちにレッスンしてくださるということですからとても幸せなことだと思うのは私だけでしょうか。

先生の独特の言い回しと手振りとカセットテープの中の巨匠により、圧倒されて最初ぽかんとしていた子供たちの演奏はみるみる生き生きしてきました。

教本の1~3巻とフィオッコ アレグロ、白鳥、荒城の月、さくら変奏曲を取り上げ、弾ける子も弾けない初歩の子も皆で混じって一緒に演奏することでお互い影響を受けあい皆でうまくなっていく姿に先生と生徒たちのすごさを感じ、これがスズキなんだなとあらためて感心しました。良い体験になりました。